個人事業主が所得税・住民税・社会保険料を20万節税!【青色申告】

青色申告65万控除:803,000円

白色申告:1,016,000

差額:213,000円

ぎんちゃん
ぎんちゃん

事業者の人、面倒くさいかもしれんけど、『青色申告65万控除』しようや。20万手元に残るのはデカイ…!!

青色申告特別控除で213,000円を節税

確定申告をする方法には、以下の4つがあります。

  • 白色申告
  • 青色申告(簡易簿記)
  • 青色申告(現金式簡易簿記)
  • 青色申告(複式簿記)

このうち、青色申告(複式簿記)でなおかつe-taxによる電子申告で確定申告をした場合、65万円の青色申告特別控除を受けられます。

e-taxについてはこちらの記事で解説しています。

65万円の控除を受けた場合、年利益が400万円の人の場合、白色申告の人と比べて213,000円、税金が安くなります。内訳は以下のとおりです。

所得税額 ▲89,000円

住民税額 ▲65,000円

国民健康保険料 ▲59,000円

計:213,000円

所得税は、課税所得金額×税率-税額控除額」で算出されます。

65万円の青色申告特別控除で、この課税所得金額を減らせるので、所得税額が安くなります。

住民税も課税所得金額に応じて課税されるため、一緒に税額が安くなります。

国民健康保険料は、正式には税金ではありませんが、支払いの義務がある以上は税金に等しいです。また、国民年金保険料も所得税額に応じて決定されるため、課税所得金額が減ると保険料も一緒に減ります。

結果として年利益400万円の場合、65万円の控除を受けられない白色申告者と比べて、213,000円の減税となります。

どうすれば青色申告65万円控除が受けられるのか?

青色申告特別控除65万円を受ける要件は以下のとおりです。

  1. 青色申告承認申請書の提出
  2. 事業所得、または事業的規模の不動産所得
  3. 複式簿記で記帳
  4. 貸借対照表と損益計算書の添付
  5. e-taxによる確定申告

※事業的規模は、賃貸アパートの場合5棟または10室以上が目安。

1.青色申告承認申請書は申請書の提出で済みます。

2.事業所得、または事業的規模の不動産所得は、該当するか確認すればよいです。

4.貸借対照表と損益計算書の添付は、会計ソフトを使用していればボタン1つで作成できます。

5.e-taxによる確定申告もパソコンやスマートフォンがあれば容易に申請できます。

問題は3.複式簿記で記帳です。

日付借方金額貸方金額特記事項
6月1日売掛金1,000売上1,000A社
6月2日仕入2,000現金2,000

このように取引の原因と結果、2つの側面から記録をするのが複式簿記です。青色申告65万円控除を受ける場合は必ず複式簿記で記帳する必要があります。

簿記の知識の無い方からすると敷居が高いかもしれませんが、現代ではクラウド会計という強い味方がいます。

主なところでは、以下の三社ですね。

マネーフォワードクラウド確定申告

freee

弥生会計

どの会計ソフトも問題なく複式簿記での記帳・帳票の作成はできます。それぞれのソフトの使い勝手については別記事で解説します。

ただ、使い心地は人によって違うので、とりあえず無料登録して試してみるのが得策です。一度決めたら数年~数十年使い続けるでしょうから、後悔のないように。

青色申告65万円控除の威力は大きいです。1年で20万なら10年で200万、20年で400万です。

全額投資に回して、20年間5%複利で計算すると650万円になります。デカイ。

複式簿記の開始や手続きなど、最初のヨイショは必要ですが、効果は絶大です。是非とも利用を検討しましょう。

コメント

  1. […] 個人事業主の人が確定申告をするとき、複式簿記を用いて青色申告を行えば課税所得から65万円を控除できます。65万円控除を受けると、所得税・住民税・国民保険料を合わせて年間20万円以上の節税になります(年収400万円でざっくり計算)。詳しくは「個人事業主が所得税・住民税・社会保険料を20万節税!【青色申告】」を参照してください。 […]

タイトルとURLをコピーしました