「重ねるハザードマップ」見にくいマップをまとめた便利サイト!防災の第一歩に!

防災

「重ねるハザードマップ」聞いたことがありますか?

ハザードマップは聞いたことがあっても、重ねるハザードマップは聞いたことがない、という人もいるでしょう。

県・市町村がそれぞれ提供している情報を国土地理院がまとめてくれた、とても有用なサービスです。

スマートフォンでの閲覧も問題ありませんので、試しにアクセスしてみてください。

重ねるハザードマップ

異常気象による被害が拡大する今、ご自分の自宅・勤務先・お子さんの通学路を一度確認して災害リスクの確認をおすすめします。

そもそもハザードマップとは

ハザードマップは、県や市町村など自治体が河川の氾濫や土石流の被災といった災害リスクを検証して地図に落とし込んだものです。

掲載されているのは「被害が予想される区域・避難場所・避難経路」といった情報です。

災害が発生してから見るのでは遅く、発生する前に確認して対策をとらなければいけません

確認すべきは、自宅・職場・学校・通勤通学経路・その他買い物などよく利用するルートです。

「重ねるハザードマップ」は普通のハザードマップと何が違うの?

重ねるハザードマップはの特徴は「見やすさ」です。

自治体のハザードマップは…

  • 自治体の境でぷっつり切れている
  • ホームページが分かりにくい
  • PDF形式で公開されていてファイルサイズが大きい

といった特徴を持ち、見にくい・分かりにくいです。

重ねるハザードマップは自治体のハザードマップをとりまとめて1つの地図に落とし込んでいます。

さらに国土地理院のweb地図に被災予想地域を重ねているので、とても見やすいです。

例えばこちらは荒川区周辺の「洪水・土砂災害」を表示したマップです。

浸水が予想される区域はピンク~赤で示され、浸水しない区域は白で示され一目瞭然です。

ここから具体的な重ねるハザードマップの使い方を見ていきましょう。

重ねるハザードマップの使い方

具体的に重ねるハザードマップをどのように使用するのか確認しましょう。

基本的な使い方

重ねるハザードマップ

上記リンクをクリックすると以下の画面に移行します。

昔住んでいた高知県を例に操作を説明します。

左上にあるパネル「洪水・土砂災害・高潮・津波」いずれかを押すと被災想定範囲が表示されます。複数のパネルを重ねることもできます

試しに洪水を押すと、河川が氾濫したときの浸水想定区域が表示されます。色が濃いほど浸水水深が高くなります。

色がついた箇所をクリックすると想定水深が表示されます。

次に土砂災害をクリックすると、「急傾斜地崩壊の崩壊・土石流・地すべり」などの被災想定範囲が表示されます。

洪水パネルと同じように、色がついた箇所をクリックすると詳細が表示されます。例えばオレンジ色の区域をクリックすると「土石流危険渓流」であることが分かります。

最後に津波パネルをクリックすると、「津波」による被災想定範囲が表示されます。

着色された箇所をクリックすると、洪水パネルと同じように浸水深が表示されます。

ハザードマップを確認すれば災害の想定範囲・避難場所・避難経路が分かります。

どういった被害が想定されるかが分かれば対策も立てられます。

「自宅・職場・学校・よく使う道」は最低限一度確認するようにしましょう。

住宅を買う・借りるときにも使える

重ねるハザードマップは他にも「土地の成り立ち」「新旧航空写真比較」「3D表示」など、多彩な機能を持っています。

左の写真は2007年以降に撮影された最新の写真、右の写真は1961~1964年に撮影されたものです。

現在では住宅地になっている場所が以前は湖沼・水田であったことが分かります。

一般的に古くは湖沼であった土地は地盤が軟弱であることが多いです。事前に新旧写真を比較して地盤の硬軟を予測するのに利用できます。

地形の成り立ちも簡単な解説を得ることができます。

上図でピンが示す箇所と同じ色の場所は全て昔は湖沼だったとされる場所です。

黄緑で表示される場所は氾濫平野で、河川の氾濫により形成された場所です。

地形の成り立ちからも、土地のリスク・硬軟・地盤沈下の可能性などを予測でき、土地の購入判断に活かすことができます。

他にも3Dで表示させた地図に洪水や土石流の範囲を重ね合わせることもできます。

地図に重ね合わせられる情報の種類が多彩なので、考え方次第で様々な使用方法が考えられます。

重ねてのお願いになりますが、一度は「自宅・職場・学校・よく使う道」の災害危険性を把握するため重ねるハザードマップを使用してみて下さいね。

また、自治体のハザードマップの情報を全て転載しているわけではないので、最後は自治体が提供するハザードマップを確認して下さい。

自治体のハザードマップも国土地理院が取りまとめていて、「わがまちハザードマップ」として地図から探しやすくなっています。

リンク先右側:わがまちハザードマップ

もしものときの備え

最後に、万一被災したときに必要な防災グッズで意外に準備していない「ポータブル電源」を紹介します。

被災時に必要なものはたくさんありますが、スマートフォンは「懐中電灯・連絡手段・情報収集・ホイッスル」といった機能があるので様々な場面で活躍します。

さらに、スマートフォンは24時間常に身近に置いています。防災バッグを買ったけどどこにあるか分からない、という人もいるでしょう。スマートフォンならその心配がありません。

一方で充電が切れてしまえばただの文鎮と化します。
そこで重要になるのがポータブル電源です。

今回紹介するものだと30~40回充電することができるので、家族分の台数のスマートフォンを複数回充電できます。

また、扇風機や小型冷蔵庫も使用できるので汎用性が高いです。

なお、こちらの商品の単体購入は「日常的に本製品を使用する人」におすすめします。

例えば「キャンプや車中泊に持っていく・庭仕事に扇風機を使う」といった人です。

ポータブル電源を災害対策に使用する問題は、被災時に充電していない可能性があることです。普段から使用していれば日常的に充電するので問題ないのですが、普段使いしない場合は充電忘れの可能性があります。

日常使用しない方には、こちらのソーラーパネルを同時購入するか…。

スマホの充電に限れば、こちらの商品を単体購入するかをおすすめします。

災害発生時に焦らずに対応できるかは普段から災害への備えができているかに依存します。

ハザードマップを確認し、電源を確保し、常に安全についての最新の情報を得ながら生活するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました