「iPhone13」を「Android」愛用者が調べて辛口批評してみた

スマホ

私が利用している楽天モバイルでiPhone13が新発売されるとのニュースを見ました。

初めてスマートフォンを持ったときからずっとAndroid使用者である私が改めてiphoneっていいものなのか辛口めで検討してみました。

iPhone13 12と比べて良くなった点

最初に、今回新発売となったiPhone13、前のモデルである12と比べて何が良くなったのか確認してみましょう。

ノッチの小型化

ノッチはスマートフォンの画面上部、インカメラやスピーカーなどが収められている場所です。ノッチは小型であるほど画面が大きく見えますし、スッキリして綺麗にみえます。

比較画像を作りました。13は12に比べて20%減となっているようですね。

プロセッサ性能の向上・バッテリー持ちの向上

スマートフォンにおける脳みそ"プロセッサ"がA14からA15にバージョンアップしています。

処理能力の向上は当然のこととして、消費電力の減にも繋がっているため、12に比べてバッテリーの持ちよいようです

カメラ性能の向上

スマートフォンのライト使用層が一番気にしているところですね。

主な変更点は以下のとおり。

  • イメージセンサー大型化
  • センサーシフト式光学手ブレ補正
  • 3眼化(Pro・Pro Maxのみ)

1つずつ見ていきましょう。

イメージセンサー大型化

13は複数のカメラが搭載されていますが、広角カメラ(広く映る方のカメラ)に対して大型のイメージセンサーを搭載しています。

スマートフォンに限らず、デジタルカメラには光を受け取るイメージセンサーが必ずついています。イメージセンサーが大きくなると「暗い場所でも綺麗に撮影できる」「ノイズが少なくなる」といったメリットを享受できます。

いいことですが、ライト層に違いが分かるか微妙なラインの変化です。

センサーシフト式手ブレ補正

iphone12ではPro Maxにだけ搭載されていたセンサーシフト式手ブレ補正が13全ての機種に搭載されています。

手ブレが起きても、光を感じ取るセンサー自体が手ブレ元の場所に残る…。そんなイメージでしょうか。

こちらも主に暗所での撮影時に手ブレが起きにくくなります

3眼化(Pro・Pro Maxのみ)

無印とminiは2眼ですが、ProとPro Maxは3眼化しており、「光学3倍望遠レンズ」「F値1.8 マクロ撮影対応」とグレードアップしています。

デジタルズームはよくありますが、光学ズームは素晴らしい。

カメラのデジタルズーム機能を用いて撮影すると荒くなった!という話はよく聞きますが、光学ズームを使えばその悩みは消えます

さらにF値は小さくなるほど暗所撮影が容易に撮影時のブレも少なくなります。

マクロ撮影は被写体に近づいて(13では2cmまで)撮影できます。

写真をよく撮る人はPro・Pro Maxを検討してもよいかもしれませんね。

iPhone13 12と比べて悪くなった点

基本的にアップデートされていますね。値段が高くなったところくらいですか。

定価ベースでは5,000円程度上がっています。

13の発売で12が値下がりしますから、実売では2~3万円の価格差になるでしょうか。

mini・Pro・Pro Maxの違い

無印・mini・Pro・Pro Maxの4種類がリリースされていますので、それぞれの違いをざっと説明します。

mini

  • 無印6.1インチに対してmini5.4インチ 一回り小型
  • 小型になった分バッテリーも小型に
  • 1万円ほど安い

miniになっても処理速度やカメラ性能に変更はありません

安くもなってますし、私がiPhone13を購入するならminiにしますね。

Pro

  • カメラ3眼化(望遠機能・マクロ撮影・RAW撮影・4Kビデオ)
  • Proから1TBストレージを選択可能
  • GPU5コア(無印・miniは4コア)→高画質なゲームする人はPro以上推奨
  • リフレッシュレートが120Hz可変に→高画質なゲームする人はPro以上推奨

Proを選択すべき人は静止画・動画問わずカメラ性能を求める人。GPUとリフレッシュレートの関係で、高画質なゲームをする人です。

カメラ性能にこだわらず、ゲームをしない人がProを買っても恩恵は少ないです。

Pro Max

  • ディスプレイの大きさが6.7型に
  • 大型化に合わせてバッテリーサイズも大型に

ProとPro Maxはあまり変わりませんが、無印とProはカメラを中心に別のスマートフォンですね。検討する余地があります。無印とminiについては性能は変わらないので、お店で持ってみてから決めてもいいでしょう。

改めてAndroidと比較して

今回iPhone13を調べてみて、改めてAndroidとの違いを書いてみます。

  • アクセサリー多い!
    • iphoneは機種を絞っているだけあってアクセサリーが多いです。この点は羨ましい。
  • 品質が安定している
    • この点もアクセサリーに通じるところがあります。Androidだとメーカーも多様なのでハズレ機種を選ぶとストレスでしかありません。自分で調べられない人はiPhoneがおすすめです。
  • ライトニングケーブルは不便
    • USB-Cタイプに統一しろよ…。といつも思います。
  • SDカードが入らない
    • 実は一時期会社のiPhoneを使用した時期があったのですが、データのやり取りが超面倒。SDカード抜き差しできるようにすればいいのに…。
  • 拡張性なさすぎ
    • ホーム画面をシンプルにしたがる私としては、ホーム画面に大量のアイコンが並ぶのが許せません。他にも縛りが多すぎて嫌ですね。セキュリティ上は良いのかもしれませんが…。

まとめ

高い!

一般的に2年ごとに交換する電話に毎回10万なんて出してられん…!!

それと、ホーム画面問題。シンプルホーム画面にできないのもキツイ…。

下は私のスマホのホーム画面。このくらいシンプルにしたい…!!

興味を持ったのでiPhone13について調べてみましたが、やっぱり値段だけで選択肢から外れますね。

今、私がスマートフォンを購入するならこのあたりを買いますね。

2~3万円で購入可能でそれぞれ4眼カメラがついている。
性能は重いゲームをしなければ全く問題ない。
スマートフォンは次々と新しい機種が出るから2年、ないしは4年で買い換えることを考えるとエントリー~ミドルレンジのスマホを購入する方が長い目で見て幸せになれますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました