【家計簿】家計簿アプリを使うメリット・デメリット【ぎんちゃん自営】

家計簿

自営業を始める第一歩は「家計簿」をつけること

自営業を始める際に、最も考えなければならないことの1つが資金繰りです。

家計から事業への赤字補填もありうる中で、家計の収入・支出をしっかりと管理しておくことは重要です。

家計の管理というと、紙の家計簿が思い浮かびます。領収書を毎日ノートに貼り付け、日々の収支を管理するものですね。しかし、領収書を保存し、毎日収支計算を行うのは手間です。

この手間を省いてくれるのが家計簿ソフト(家計簿アプリ)です。家計簿をパソコンやスマートフォンで管理するメリットとデメリットをみていきましょう。

家計簿をアプリでつけるメリット

入力が容易

家計簿アプリの多くは、カメラで領収書を撮影すると、自動で金額や費目を読み取り入力をしてくれます。そのうえで細かい修正を加えればよいので手間が少ないです。

最初の設定は必要ですが、カテゴリを指定すると計算結果がグラフ化され、自分がどの費目にお金を使っているのかが視覚的に分かります。

銀行口座やクレジットカード会社と連携できるサービスであれば、使用した記録が家計簿アプリの会社に自動で通知・入力されるものもあるので、複数の口座・クレジットカードを持っていても混乱せずに家計簿をつけることができます。

残高管理が簡単

銀行口座・クレジットカードを登録しておけば、いちいち記帳にいくことなく、複数の口座の残高を一括して確認することができます。

久しぶりに記帳するとごそっと残高が減っていたり、逆に想定外に残高の多い口座を見つけたりすることがなくなります。

銀行口座内に使いもせず眠っているお金があるなら、安全度の高い投資信託を購入する方がよいです。

グラフ化が容易

大体のアプリにはグラフ化する機能がついています。

食費が前月と比べて何割増えた、昨年より電気代が何割高くなっている、一瞬で見ることができます。

数字で見ることも重要ですが、大まかな資産・費用の流れを掴むことも大切です。

情報を共有することが簡単

こちらもサービスによりますが、情報を共有したい相手がいる場合、URLを教えるだけで家計簿を共有することができます。

本来、資産の管理はご主人のみ、奥様のみで行うものでなく、双方状況を理解したうえで話し合いながら意思決定を行うべきものです。

家計簿の電子化をきっかけに、家計の方向性を一緒に考えていけるようになるとよいですね。

家計簿をアプリでつけるデメリット

個人情報の漏洩

家計簿アプリ、特に銀行口座やクレジットカードを紐付ける場合は、家計の全ての情報を家計簿アプリの運営会社に渡すことになります。

一般的に家計簿アプリを運営する会社は大きな企業体であり、セキュリティ対策は万全といえます。それでも不安を感じてしまう方にとってはデメリットといえるでしょう。

記憶に残りにくい

手書きで記入する場合に比べて、写真で領収書を撮影したり、自動で銀行口座情報が送信されたり、手で転記しないので記憶に残りにくい面があります。

手で書く方が、お金を使いすぎた際に危機感を感じやすいかもしれません。

とにかく始めてみるべし 家計簿アプリ

ほとんどの方がスマートフォンを持っている現代、家計簿を始めるのは本当に簡単です。

家計簿アプリをダウンロードして、3分で終わる初期設定を行い、領収書を撮影するところから始められます。料金も有料・無料を選択できるサービスがあるので、とりあえず無料で初めてあとから有料に変更することもできます。

家計簿を始めてみて、家計の中で使いすぎている費目に気づくこともできます。とにかく、今すぐダウンロードして始めてみてはいかがでしょう。

次回以降、幾つかの家計簿アプリのメリット・デメリットを紹介してみますので、見てみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました