【スマホ代0円】楽天モバイルを使ってスマホ代を0円にする方法【ぎんちゃん自営】

未分類

楽天モバイルを使ってスマホ代を0円にする方法

先日、会社を退職し在宅・自営で稼ぐ方法を模索しているぎんちゃんと申します。

自営で生計を立てる上で重要なのは、収入を増やすことも大事ですが、同じくらい大事なのが支出を減らすことです。今回はスマートフォンの回線を楽天モバイルに切り替えることで、回線代金を0円にする方法、及び注意点をお伝え致します。

スマホ代を0円にする方法

スマホの回線料金を0円にする方法、それはズバリ『楽天モバイル1回線のみ契約し、月のデータ使用量を1GB以下に抑えること』です。

どうして0円にすることができるのか

楽天モバイルは現在、使用した容量によって支払う料金が異なるプランになっています。1GB以下であれば支払う料金は0円、3GBまでであれば980円、20GBまでであれば1,980円、50GB以上であれば2,980円です。

自宅にwi-fi環境があり、外出先でもデータを消費するサービスを利用しなければ、1月のデータ使用量は200~300MBに抑えられるものです。特に私のように基本的に在宅の方であれば容易に達成できるでしょう。

国内通話し放題 + 20,000楽天ポイント還元

更に嬉しいことに、楽天モバイルでは国内通話し放題です。在宅になった現在思うこととして、意外と電話をする機会は多いです。中でも、市役所・スマホを持っていない家族・再配達の申し込みなど、LINE電話による無料の恩恵を受けられない通話が多くあり、通話料を気にして電話をかけることが億劫になります。楽天モバイルであれば、通話料を気にせず電話をすることができます。

更に更に嬉しいことに、他社から楽天モバイルに乗り換えることで、20,000ポイントの還元を受けられるサービスが展開されています。乗り換え・プラン利用開始・Rakuten Linkアプリの利用と、簡単に条件を達成可能で、20,000円相当のポイントを受けられるので利用するべきです。

楽天モバイルへ乗り換える際の注意点

楽天モバイルに乗り換える際には注意点も存在します。

回線の安定性

楽天モバイルのアンドロイドアプリストアを見てみますと、レビュー評価は圧倒的に☆1が多いです。発着信の音声が相手に届かない、着信の通知が翌日届くなど、電話として致命的なレビューも見られます。ビジネス利用で楽天モバイルを検討する場合は注意が必要でしょう。

低速モードでも回線容量をカウントされる

他のキャリアでは低速モードを選択した場合は回線容量はカウントされないですが、楽天モバイルでは低速モードでも回線容量をカウントされます。低速モードにして安心して外で通信を行うと、0円を期待して契約したのに料金を請求された…!!となってしまう恐れがあります。DSDV機種の方などは、ロケットモバイルの神プラン(298円/月)などと併用すると安心できるかもしれません。

サポートに不安がある

アプリストアでもツイッターでも、電話をしても繋がらない、チャットでも長時間待たされる旨の書き込みが見られます。楽天モバイルを契約する場合には、最低限の技術的な対応は自分で調べるくらいの気合を持って契約するのがよいでしょう。

スマホ代を0円に抑えることで支出を減らそう!

楽天モバイルは現在急激に契約件数が増えているところです。通信の安定度やサポートなど不安もありますが、通信量を1GB以下に抑えれば0円でスマホを利用できる可能性を秘めています。メリット・デメリットを理解したうえで上手に利用しましょう。

なお、昨日私もSIMが届きましたので、実際に使用してみた使い心地をレビューしてみようと思います。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました